エクオールつくれていますか? 小林製薬の「エクオール」が毎日の更年期対策に欠かせない訳とは

エクオールとは?

大豆は古来より日本人の食生活に欠かすことのできない食材です。
その大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。

イソフラボンは、その構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ていることから、女性ホルモン同様の作用をもっており、更年期症状の緩和や骨密度の維持に対する効果が知られてきました。

近年の研究で、大豆イソフラボンの健康効果は、個人差があるということが明らかになってきました。

豆腐や納豆などの食事から摂った大豆イソフラボンの一種であるダイゼインは腸から吸収されますが、そのときに、「ダイゼイン」のまま吸収される人と、「エクオール」という成分に変換して吸収される人がいます。
この違いによってイソフラボンの健康効果に差がうまれ、「エクオール」の方がより高いエストロゲン活性を持つことがわかってきました。

エクオールをつくれる人はどれぐらい?

日本人でエクオールを作れる人は2人に1人

これまでのいろいろな研究により、エクオールをつくれる人の割合は、日本人で50%程度、欧米人では20~30%といわれています。

2人に1人がエクオールをつくれる日本人ですが、年齢が若くなるにつれてエクオール産生率は低下しています。

10代20代の若い世代では欧米人と同じくらいの20~30%しかエクオールをつくれていないという研究が報告されています。

なぜ若い人にエクオールをつくれない人が増えているのでしょうか?

詳しいことはまだわかっていませんが食生活の変化が原因ではないかと考えられています。

厚生労働省の国民健康・栄養調査による豆類摂取量の調査より、豆類の摂取量は60代が最も多く、1日60g程度摂取しています。

一方で、若くなるにしたがって豆類を食べる量は減っており、20代では1日の摂取量が40g程度と政府の目標摂取量は100gに対して、大きく不足しています。

エクオールをつくる菌を維持するためにも、毎日の食事にもっと大豆を取り入れることが必要なのです。

大豆を毎日とるのは意外に大変

大塚製薬の研究では、エクオールを更年期世代の健康や美容に役立てるには、1日あたり10mgの摂取が目安となることがわかっています。

個人差はありますがエクオール10mgを体内で産生するためには、大体50mgの大豆イソフラボンが必要になります。
大豆食品から摂取する場合は、エクオール10mgをつくるのに必要な目安量は、

  • 豆腐 2/3丁(200g)
  • 納豆 1パック(50g)
  • 豆乳 コップ1杯(200g)

とされています。

毎日これを食べたり、飲んだりするのは大変じゃありませんか?

女性の味方「エクオール」を直接摂ることが大事

先ほども説明しましたが、日本人の約半分は、この「エクオール」を体内で作り出すことができません。

せっかく大豆イソフラボンを摂取してもエクオールに代謝されることなく、ダイゼインとしてそのまま体内に吸収されてしまいます。

また、運よくエクオールをつくれる人だとしても、エクオールの材料となる大豆食品を摂取し続けなければ、エクオールをつくることはできません。

エクオールの効果を活かし続けるためには、大豆食品を毎日とり続けるとともに、エクオールのサプリメントを直接とることが大事なのです。

どうして、更年期対策に「エクオール」が必要なの?

大豆イソフラボンやエクオールは、腸から吸収されて体内で作用した後、1~2日程度で尿から排泄されます。
更年期の女性を対象として、尿中のイソフラボン類の排泄量と更年期症状について調べたところ、大豆そのものに含まれているイソフラボン(ダイゼインやゲニステイン)の尿中排泄量と更年期症状の重い軽いには差が見られませんでした。

一方、尿中のエクオール量だけは、更年期症状の重い人の方が低いという結果となりました。これは、エクオールをつくれる人は、更年期症状が軽い人が多かったということを示しています。

この研究のほかにも、エクオールが更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを和らげるという研究結果が報告されています。

ヘルスケアシステムズ社のソイチェックの研究データでも、40~50代の方で「更年期症状がない」方のエクオール産生率は43%でした。

一方、何らかの更年期症状があるとお答えいただいた方の産生率は、30~39%でした。

特に、頭痛(30%)や腰や手足の冷え(31%)、不眠(31%)、顔のほてり(32%)、のぼせ(32%)などの症状を感じていらっしゃる方は、エクオールが作れない人が多いようです。

更年期対策に、「エクオール」を直接摂れる小林製薬の「エクオール」

小林製薬の「エクオール」は、信頼のブランド「命の母」とともに、女性のための栄養補助食品として開発されました。

大豆イソフラボンより抽出したエクオールを効率よく補給できるようにサプリメントとして作られています。

エクオールは腸から吸収されて体内で作用した後、1~2日程度で尿から排泄されるため、毎日とり続ける必要があります。

そうすると気になるのが、お値段です。

TVCMがされている大塚製薬の「エクエル」ですが、28日分で通常価格4,320円です。

定期お届け特別価格でも、4,104円です。

その点、小林製薬の「エクオール」は、定期お届け便では、初回お届けが半額の1,350円、2回目以降は1袋あたり、2,430円と大塚製薬の「エクエル」のほぼ半額です。

まずは一度お試ししたい人向けに、初めての方限定特別価格1,890円とお求めやすい価格で注文することができます。



【小林製薬】エクオール

小林製薬の「エクオール」の口コミ・評判

ネットでも、小林製薬の「エクオール」を試した更年期女性からの口コミや評判が集まっています。

AWCさん
現在41歳、二人の子がいます。
若いころから、生理前1週間あたりから片頭痛・吐き気・だるさ等と言ったPMSの症状に悩まされて来ました。それが最近すでに2週間前から始まり、加齢によるホルモンバランスが悪くなってきたのだと実感(>_<)
エクオールの事を知り、体内で作れるかどうかを某検査キットで試したら最低のレベルでした・・・
エクオールが絶対必要なのに、大塚製薬のエクエルはちょっと高価(涙)
摂取量は少ない設定だけど、お求めやすいこちらを購入。
1日1粒を、生理前2週間前から摂ってみたところ(飲み忘れたりしたけど)、
1番の悩みだった吐き気・だるさがほとんど起きませんでした。
しかも片頭痛対策に鎮痛剤が手放せなかったのに、今回は飲んでいません。奇跡です!
まだ飲み始めてまもないですが、このまま飲み続けて、更年期の対策にもなったらいいな、と思います。
かおりさん
更年期障害にエクオールがいいとあり、こちらを飲み1週間でみるみる若返りました。
短くなっていた生理も、もとに戻りそうです。
垂れた頬も上がり、すっぽん⚪町の定期購買を止めました。
Rwijdさん
たった一粒のみましたが、翌日、酷い下痢になりました。もともとお腹は弱いほうです。発酵食品でそもそも腸内環境を整える?ようですね。効果の程は良くわからなくなりました。
スス子さん
最近、更年期か?痴呆か?と思うほどに脇汗、物忘れ、不注意が続き うつ病になりそうだったので試してみました。
1日一粒では足りない。との事を知り最初は2粒、朝昼晩寝る前と4粒に増やして約1週間。
いつも腰に鉛を乗せているようだった生理時の重さが無くなった。
今回たまたま軽かっただけかも知れないけれど、他のメーカーも試しながら、希望を持って続けていこうと思います。
人付き合いは腹7分さん
更年期症状ののぼせ、むかむか半減してました。
くらくらしためまいや嫌な気分もなくなりました。
更年期以降、破骨細胞指標のTRACP5がやや上昇しつつあるので、
これを飲み始めました。3カ月後、上昇がとまりました。
基準値を上回ると薬が処方されますが、それまでになんとかしたいので、このサプリを摂取。
効果があったと思いますが、まだまだ3カ月ですが・・・

さいごに

エクオールの有効性を説明してきましたが、必ずしもすべての更年期の女性に有効とは言えないかもしれません。

更年期の症状にある、頭痛や腰や手足の冷え、不眠、顔のほてり、のぼせなどの症状は一人ひとり症状が異なるからです。

「おかしいな?」と思ったら一人で抱え込まずに専門家(産婦人科など)に相談してみることをおすすめします。

サプリメントはあくまでも補助食品ですので、自分にあったものをえらんでみてください。

この記事が、少しでも悩める女性の手助けになることを祈っています。


【小林製薬】エクオール

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)